アート・遊|ART U
Artists

Zenzo Sakamoto 1911–1987

1911年(明治44年)熊本県北小国村(現小国町)に生まれる。1929年(昭和4年)上京して本郷絵画研究所に入り、岡田三郎助に師事。1931年(昭和6年)帝国美術学校(現武蔵野美術大学)西洋学科に入学。同年第1回独立展出品。1933年(昭和8年)東京日日新聞社(現毎日新聞)にて第1回個展開催。1935年(昭和10年)入隊。以後召集と除隊を繰り返しながら制作する。1945年(昭和20年)終戦を機に熊本県に戻り、阿蘇坊中に住み制作を再開する。1947年(昭和22年)海老原喜之助に師事。第15回独立展で独立賞受賞。1949年(昭和24年)独立美術協会会員に推挙される。1957年(昭和32年)渡欧。パリを拠点に、ヨーロッパ各地を訪ねる。1959年(昭和34年)帰国。作風は日本の風土や生活に根ざした抽象絵画へと変化する。その独特の画風により、「グレーの画家」、「東洋の寡黙」と称され、版画にも秀作を残した。

Back to Artists
PageTop