アート・遊|ART U
Artists

Yutaka Matsuda 1942–1998

1942年(昭和17)に大阪で生まれ、大阪芸術大学の前身であった浪速短期大学美術科を卒業したのち、1966年(昭和41)の第17回具体美術展に出品。1967年(昭和42)には具体美術協会会員となり、最後の具体美術展である第21回展まで連続して出品している。1970年(昭和45)の日本万国博覧会みどり館でのグタイグループ展示や屋外展示にも出品している。また1966年(昭和41)に第10回、1967年(昭和42)に第11回のシェル美術賞展でともに佳作賞受賞。1968年(昭和43)には第8回現代日本美術展長岡現代美術館賞を受賞している。具体美術協会解散後は、1978年(昭和53)に第1回ジャパンエンバ美術コンクールに入選、1990年(平成2)に第12回の同コンクールで優秀賞を受賞している。1986年(昭和61)に堺美術協会彫刻部会員になる。1998年(平成10)に死去。

(大阪新美術館建設準備室ホームページより引用)

Matsuda graduated from Naniwa Art College, predecessor to Osaka University of Arts, and presented his work at the 17th Gutai Art Exhibition in 1966. In 1967, he became a member of the Gutai Art Association and continued to submit work to the Gutai Art Exhibitions up until the 21st and final exhibition. His works were also featured in the Gutai Group show in the Midori Pavilion and the outdoor exhibition at Expo ‘70 in Osaka. He received prizes for Distinguished Work in the 10th and 11th Shell Art Prizes in 1966 and 1967. In 1968 he won the Nagaoka Modern Art Museum Prize at the 8th Contemporary Japanese Art Exhibition. After the dissolution of the Gutai Art Association, he was selected to take part in the 1st Japan Emba Art Competition in 1978, and won top prize at the 12th Competition in 1990. In 1986, he became a member of the Sculpture Section of the Sakai Art Association. He died in 1998.

Back to Artists
PageTop