アート・遊|ART U
Artists

Takeo Yamaguchi 1902–1983

京城(現・韓国ソウル市)に生まれる。21年上京し、本郷洋画研究所に学び岡田三郎助の指導を受ける。翌年、東京美術学校西洋画予備科に入学し、27年同西洋画科を卒業した。同年渡仏し、荻須高徳らと佐伯祐三を訪ね、佐伯の真剣な制作態度に刺激される一方ピカソやザッキンらのキュビスムの影響を受ける。31年帰国。前衛的な作品を二科展に出品し、38年、吉原治良らと九室会を結成する。戦後の46年京城を引き揚げて上京。二科会再建に会員として加わり、62年まで二科展に出品した。50年代以降、黒地と黄土色、又は赤茶色の2色という、限定的な色の組み合わせと、厚塗りのマティエールによって、独特の抽象形態を描いた重厚な作品を発表する。これらの仕事の独自性は高く評価され、61年度芸術選奨文部大臣賞を受賞。60年代に入ると、黒地に、より単純化された抽象形態が大きな色面を形成する画風へと展開。68年頃から、黄土色や赤茶色の色面は画面一杯に広がり、無限に広がり続けるような空間を提示するようになった。54年から74年まで武蔵野美術大学教授を務めた。
<「あるコレクターがみた戦後日本美術」展(2001~2002年、群馬県立近代美術館および愛媛県美術館を巡回)図録より引用>

Yamaguchi Takeo was a pioneer of Japanese modern abstract painting, who matured at the same time that Art Informel became so influential in Japan, yet he remained independent from it. Born in Seoul, Korea, he studied Western painting at the Tokyo Art School and was particularly influenced by Cubism, which reduced painting to a flat, monochromatic expanse. After graduating he went to Paris and studied avant-garde European painting.
In 1938, he joined with fellow abstract artists Saito Yoshishige, Yoshihara Jiro, and Hasegawa Saburo to found the avant-garde group Ninth Room Association (Kyushitsu-kai). After the war and by the mid-late 1950s his style had matured. He applied dense layers of paint to wood boards, carefully smoothed with a palette knife, forming clearly-defined rectangular forms often in rich red or yellow ochre, sometimes against a black background.

Back to Artists
PageTop